企業が求める人材

物事にはメリットがあればデメリットがあるものです。仕事についても同じようにメリットとデメリットが必ずついてきます。求人情報を見ているととてもメリットの高いと思われるような内容が多いことに気づくと思います。これは求人情報を見ている人の目線で、メリットに感じられることを提示しているからにすぎません。

雇用において、男女平等とはいわれていますし、年齢に関しても制限を定めることは多くの企業では出来なくなっていますが、これも表向きの表現であり「20代が活躍している職場です」という表記をしている企業では、20代の求職者を希望しているというヒントになります。webなどのIT関連の仕事では、企業によってどうしても残業が前提になっているところもあります。

情報の中には、採用する側の希望が多く含まれていることがありますので、その意図を汲みとることが大切になってきます。20代の人が活躍している職場ということは、出来れば20代の人を採用したいという希望です。また男性が多い職場だというのも同じで、出来れば女性よりも男性の方を必要している場合があります。
これは男性だから、女性だからという差別の問題ではなく、業務の内容によって男性の方が向いていると考えられます。仕事の技術的な問題ではなく、残業が多かったり力仕事が必要な職場では女性よりも男性の方が必要とされているでしょう。
また年齢に関しても若い人向けの商品開発をしている企業などでは、働く人も若い方が発想が近いのでなにかと役に立つと考えられています。

webエンジニアの仕事によっては、対象になる年齢が重要視されることもありますので、このような求人情報に添えられている小さな情報にも注意をすると、仕事探しにも役に立つのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です